食事支援システム

開放特許情報番号
L2007002616
開放特許情報登録日
2007/5/18
最新更新日
2012/8/20

基本情報

出願番号 特願2006-312523
出願日 2006/11/20
出願人 国立大学法人山口大学
公開番号 特開2008-125696
公開日 2008/6/5
登録番号 特許第5023328号
特許権者 国立大学法人山口大学
発明の名称 食事支援システム
技術分野 生活・文化
機能 安全・福祉対策
適用製品 上肢障害者のための食事支援
目的 従来の食事支援ロボットでは、駆動時の振動が避けられず運搬中に食物が落下し易く、口元への食物の正確な運搬は困難である。DCモータの使用は電磁両立性(EMC)に問題があり、ペースメーカー装着者には危険であり、家電機器への電波妨害の恐れもある。また、タッチセンサーやジョイスティック操作では上肢の運動機能を完全に失った障害者では操作が不可能であり、残存機能があってもロボット操作にはかなりの訓練が必要である。
効果 上肢運動機能を完全に失った上肢障害者でも独力で操作可能な食事支援システムである。
技術概要
 
利用者に特別なインターフェースを取り付けることなく、食事支援ができる。さらに、ロボットのアクチュエータに超音波モータを用いることで、振動・騒音が少なくなるとともに、小型軽量でEMCにも優れた特性を有する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT