適応型テストシステムとその方法

開放特許情報番号
L2007002611
開放特許情報登録日
2007/5/18
最新更新日
2012/3/16

基本情報

出願番号 特願2006-198891
出願日 2006/7/21
出願人 国立大学法人山口大学
公開番号 特開2008-026583
公開日 2008/2/7
登録番号 特許第4923246号
特許権者 国立大学法人山口大学
発明の名称 適応型テストシステムとその方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 学生や社会人に対する語学や特定分野における知識やスキルなどに関するテスト。教育、訓練に際し、潜在能力や習熟度などを判定するテスト。
目的 語学や情報リテラシなどの知識、スキル等学生の能力のばらつきの大きい学習者集団を教育する場合、あるいは一般社会における企業の専門職におけるスキル訓練に際して、能力別のクラスを編成することが有効な手段の一つである。能力別のクラスを編成するために行うプレースメントテストは、広い範囲の知識やスキルを測定するために、これまで多くの問題数が必要となり、受験所要時間が非常に長くなって受験者に負担を強いることになるか、それを避けて少ない問題数でテストを構成して実施すれば測定精度を十分に確保できないというジレンマがあった。
効果 少ない問題数で、信頼性の高いレベル分けテストが可能となる。
技術概要
 
受験者に対して複数のレベルに分けて問題を出題し、解答の正答率によってレベルを昇移動・降移動させ、受験者のレベルを判定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT