塩化メチレン液回収装置(三重管式熱交換器)

開放特許情報番号
L2007002508 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2007/5/11
最新更新日
2012/11/16

基本情報

出願番号 特願2005-273961
出願日 2005/9/21
出願人 小澤 滿
公開番号 特開2007-083149
公開日 2007/4/5
登録番号 特許第4608626号
特許権者 小澤 滿
発明の名称 塩化メチレン液回収装置
技術分野 機械・加工、生活・文化、化学・薬品
機能 洗浄・除去、環境・リサイクル対策、安全・福祉対策
適用製品 塩化メチレンを使用する施設において溶剤ガスの発生場所
目的 塩化メチレンの使用過程において、発生するガスを回収し再利用する。
効果 簡単な構造により安価に製作出来る為、装置が大型にならず、省エネで運転出来る溶剤回収装置。
技術概要
装置本体がU字型に成っていて内部は異径同心三重管に成っている構造で、本来常温空気より重い塩化メチレンガスを一方の上部より36℃ぐらいに温めて導入する。三重管の一番外側にガスを、二番目に4℃ぐらいに冷却したエチレングリコール液を循環させておく。一番内側の空洞には冷媒にも使用されている4℃ぐらいに冷却された塩化メチレン液を間欠的にノズルから噴霧すると空洞内の温度が下がるので二番目のエチレングリコール液の温度上昇を抑える事が出来る。一番外側上部に導入された溶剤ガスは冷却されながら下部に導かれ次の三重管に連絡管を伝って導かれ再度冷却されて上部に誘引される。塩化メチレンガスは重いのでU字管下部に滞留しやすく、除去された空気のみが排出される。一番外側に温度の高い溶剤ガスが入るので保温の必要が無く、若しくは必要としても結露の心配が無いので保温厚を薄く出来る。一番内側に冷媒である溶剤を噴霧する事による冷却効果は省エネにつながり、また導入ガスの36℃ぐらいの温めはエチレングリコールの冷却冷凍機の廃熱を利用しても36℃ぐらいなので可能である。故に省エネにつながるものである。希薄なガスは当社のスチームキャッチャーを利用して回収可能である。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 別途打合せによる。
対価条件(一時金) 【要】 
対価条件(ランニング) 【要】 
希望譲渡先(国内) 【可】 

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 構造が簡単な為、製作コストが安い
改善効果2 省エネである。
アピール内容 試作機あり。塩化メチレンだけでなく他の溶剤回収にも使用可能で
最終的に、当社のスチームキャッチャーを利用して99パーセント回収する事が可能です。

登録者情報

登録者名称 小澤 満

技術供与

ノウハウ提供レベル
量産仕様の提供 【可】
特殊仕様の提供 【可】
技術指導 【可】
期間 打合せによる。
技術指導料 【要】打合せによる。
コンサルティング 【可】
期間 打合せによる。
コンサルティング料 【要】打合せによる。

事業化情報

事業化条件
特別資格 【不要】 

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 第3783162
登録番号2 第3812454
登録番号3 第3858070
登録番号4 第4424683
登録番号5 第5115923
関連特許
国内 【有】
国外 【有】  中華人民共和国
Copyright © 2018 INPIT