泥水処理装置

開放特許情報番号
L2007002276
開放特許情報登録日
2007/3/30
最新更新日
2007/3/30

基本情報

出願番号 特願2003-333834
出願日 2003/9/25
出願人 株式会社阪本商会
公開番号 特開2005-095800
公開日 2005/4/14
登録番号 特許第3717906号
特許権者 株式会社阪本商会
発明の名称 泥水処理装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 廃棄泥水貯溜槽、pH調整処理、減容化処理
目的 基礎杭の建て込み時に発生する泥水を建設現場で効率よく無害化処理できるようにして処理コストの大幅な低減化を図ることができるようにした泥水処理装置の提供。
効果 自走式車両上において、泥水のpH調整処理と、pH調整後に泥状物と分離水の分離処理とを行なうことができるため、建設現場において泥水を処理することができると共に、処理後の泥状物を一般残土として処分することができる。このため、処理業者への委託業務を不要とすることができるので、泥水処理コストの大幅な削減を図ることができる。
技術概要
この技術では、自走式車両の車体上に、後端が開口する回転ドラムと、その回転ドラムの駆動用モータと、pH調整剤が貯溜された調整剤タンクと、濁水タンクとを搭載し、回転ドラムの後端開口に泥水の供給用ホッパと、粗粒固形分の排出用シュートとを接続し、調整剤タンク内のpH調整剤をホッパ内に供給するポンプを設ける。回転ドラム内には、その回転ドラムと一体に回転してホッパから回転ドラム内に供給される泥水を水分および微粒固形分と粗粒固形分とに分離する筒状のスクリーンを組込み、そのスクリーンの内周および外周に沿って螺旋羽根を取付け、外側螺旋羽根間にはスクリーンを通過して回転ドラムの底部に溜る水分および微粒固形分を濁水タンク内に供給するポンプを組込む。そして、濁水タンク内に高分子凝集剤を供給する凝集剤供給手段と、濁水タンク内において固液分離された分離水の排水手段および泥状物の排出手段を設ける。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社阪本商会

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT