活性酸素の定量法

開放特許情報番号
L2007002260
開放特許情報登録日
2007/3/30
最新更新日
2009/3/14

基本情報

出願番号 特願2004-309573
出願日 2004/10/25
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 特開2006-119085
公開日 2006/5/11
登録番号 特許第4247393号
特許権者 国立大学法人静岡大学
発明の名称 活性酸素の定量法
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 ビタミンB又はその誘導体、過酸化水素、蛍光性物質
目的 活性酸素を高価な試薬を用いることなく、容易に定量する方法の提供。
効果 活性酸素を高価な試薬を用いることなく、金属イオン、特に銅(II)イオン存在下で、ビタミンBまたはその誘導体を用いて活性酸素の定量が可能となった。
技術概要
この技術では、一般式1:〔式中、R↑1は−OH、−OR、−R、−H、−NHR又は−NH↓2、R↑2は−NH↓2、−OR、−R、−H又は−NHR、R↑3は−H、−COR、−COCX↓3又は−R、R↑4は−COOH、−CONHR、−COR、−COOR、−CONHCH(COOH)(CH↓2COOH)、−CONHCH(COOH)(CH↓2CH↓2COOH)又は−CONHCH(COOH)(CH↓2CH↓2PO(OH)CH(COOH)(CH↓2CH↓2COOH)を示す。〕で示されるビタミンB又はその誘導体と金属イオンおよび活性酸素生成物質を含有する試料の存在下で、活性酸素により、ビタミンB又はその誘導体を酸化分解して、一般式2:(式中、R↑5は−COOH、−CHO又は−CH↓2OHを示す。)で示される可視光の蛍光を有するプテリジン類を生成させ、プテリジン類の蛍光強度を測定することによって活性酸素を定量する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT