オフセット低減機能をもつTOF距離センサ

開放特許情報番号
L2007002248
開放特許情報登録日
2007/3/30
最新更新日
2009/2/13

基本情報

出願番号 特願2004-108817
出願日 2004/4/1
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 特開2005-291985
公開日 2005/10/20
登録番号 特許第4238322号
特許権者 国立大学法人静岡大学
発明の名称 オフセット低減機能をもつTOF距離センサ
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 CCD、CMOS
目的 オフセット低減機能をもつTOF距離センサの提供。
効果 比較的低コストで性能の高いCMOSイメージセンサ技術を用いて、距離画像センサが実現できるとともに、オフセットが低減できる。また、距離画像情報とともに輝度画像信号を得ることもできる。
技術概要
この技術では、光電荷を発生するフォトダイオードと反転増幅器の入力との間に、第3のMOSトランジスタスイッチを設け、スイッチがオフであるときの光電荷はフォトダイオード周辺の浮遊容量に蓄積する。スイッチの最初のオン期間(投射光の発光期間)には光電荷を第1のキャパシタに、スイッチの次のオン期間(投射光の非発光期間)には光電荷を第2のキャパシタに転送蓄積する。また、第1及び第2のMOSトランジスタスイッチのオフへの移行を緩やかに行うことにより、さらにオフセットが改善される。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT