瞳孔と鼻孔を用いた頭部の方向を検出する方法

開放特許情報番号
L2007002246
開放特許情報登録日
2007/3/30
最新更新日
2011/7/29

基本情報

出願番号 特願2004-073998
出願日 2004/3/16
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 特開2005-266868
公開日 2005/9/29
登録番号 特許第4765008号
特許権者 国立大学法人静岡大学
発明の名称 瞳孔と鼻孔を用いた頭部の方向を検出する方法
技術分野 情報・通信、生活・文化
機能 検査・検出
適用製品 ステレオ測定、カメラレンズ
目的 瞳孔と鼻孔を検出することにより、頭部の方向を検出する方法の提供。
効果 頭部の方向を検出できるから、運転者等の姿勢監視等に広く利用できる。
技術概要
この技術において、カメラ準備ステップでは、一対のカメラは、被検者の頭部に対して既知の基線長Dを保って配置する。照明手段準備ステップでは、照明手段である光源が各カメラと被検者の頭部との関係において各カメラに対して明孔照明と暗孔照明を提供することができる位置関係を保って配置される。なお、明孔照明とは明瞳孔照明と明鼻孔照明を含む意味で用い、暗孔照明とは暗瞳孔照明と暗鼻孔照明を含む意味で用いている。各瞳孔と少なくとも何れかの鼻孔の像を明孔照明および暗孔照明で獲得する像獲得ステップでは、カメラと照明手段である光源を連動動作させ、被検者の頭部を撮影する。孔座標演算ステップでは、像獲得ステップ得た像を差分演算処理して各孔の中心座標を演算する。方向平面演算ステップでは、中心座標で決まる顔の方向平面を演算する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT