距離イメージセンサを用いた視線検出装置

開放特許情報番号
L2007002241
開放特許情報登録日
2007/3/30
最新更新日
2010/11/19

基本情報

出願番号 特願2004-039495
出願日 2004/2/17
出願人 国立大学法人静岡大学
公開番号 特開2005-230049
公開日 2005/9/2
登録番号 特許第4604190号
特許権者 国立大学法人静岡大学
発明の名称 距離イメージセンサを用いた視線検出装置
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 三次元空間、ステレオカメラのカメラ
目的 非接触で被験者の視線方向を正確に検出する方法及び装置の提供。
効果 最低1台のカメラと1個の光源で両目の視線が同時測定できることで、輻輳角(両目の視線のなす角度)が計測でき、奥行き方向の視点(両目の視線の交差点)が計測でき、どのくらいの距離のところを見ているかもわかる。結果的に3次元空間における視点がわかる(両目の視線の交差した点、3D視点)。
技術概要
この技術では、光飛行時間法による2次元CMOS距離イメージセンサによりカメラから被験者の瞳孔中心あるいは角膜反射中心までの距離を計測するとともに、距離イメージセンサにより被験者の瞳孔中心及び角膜反射中心の位置情報を得て、視線ベクトルを求める。カメラの位置及び方向が特定されると、被験者の瞳孔中心の画像情報からカメラ−瞳孔中心のベクトルが求まる。一方でカメラ−瞳孔中心の距離が計測されているので、これらより瞳孔中心の三次元空間での位置が求められる。これに2つの視線ベクトルを組み合わせると、視線ベクトルの交差する位置すなわち視点が求められる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT