通信装置及び通信方法

開放特許情報番号
L2007002144
開放特許情報登録日
2007/3/30
最新更新日
2011/7/1

基本情報

出願番号 特願2005-055278
出願日 2005/3/1
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2006-245712
公開日 2006/9/14
登録番号 特許第4537227号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 通信装置及び通信方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、安全・福祉対策
適用製品 通信装置
目的 低コストで確実に通信経路を確保することができる通信装置及び通信方法を提供する。
効果 この通信装置及び通信方法によれば、アドホックネットワーク技術を利用し、通信経路が所定の条件になった場合、警報を出して通知すると共に中継装置などの利用を促すことによって、低コストで確実に通信経路を確保することができる。
技術概要
アドホックネットワークに接続可能な通信装置は、通信制御手段と、通信制御手段で受信される監視パケットを処理する手段と、移動検出手段と、警報処理手段と、警報を通知する出力手段と、を備える。パケット処理手段は、受信した監視パケットの受信レベル測定手段と、監視パケットに含まれる発信元ノードIDとそのノードIDからの受信レベルで構成されるエントリの組の履歴を抽出して記憶し、且つ受信レベル測定手段で測定した受信レベルを最後の発信元ノードIDとのエントリの組として作成して記憶するエントリ処理手段と、自己のノードIDを発信元ノードIDとし、受信レベルを所定の値とするエントリの組を生成し、監視パケットに付加して新たな監視パケットを作成するパケット作成手段と、パケット作成手段で作成した新たな監視パケットを通信制御手段を介して送信するパケット送信手段と、を有し、警報処理手段は、通信制御手段で警報メッセージを受信し、且つ移動検出手段で移動中であることを検出した場合、出力手段から警報情報を出力する通信装置である。図1は、鉄道沿線の保守点検作業を示す、図2は、アドホックネットワークに接続可能なアドホック端末通信装置の一例を示す。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT