防音装置

開放特許情報番号
L2007002122
開放特許情報登録日
2007/3/30
最新更新日
2011/7/1

基本情報

出願番号 特願2004-370838
出願日 2004/12/22
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2006-177028
公開日 2006/7/6
登録番号 特許第4371420号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 防音装置
技術分野 土木・建築、機械・加工
機能 機械・部品の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 防音装置
目的 取扱が容易で十分な強度があり簡単に設置することができる防音装置を提供する。
効果 取扱が容易で十分な強度があり簡単に設置することができる。
技術概要
図1は防音装置の分解状態を示す斜視図である。図2は防振部材の平面図である。図3は図2のIII−III線で切断した状態を示す断面図である。図4は防音装置の使用状態を示す斜視図である。図1〜図4に示す防音装置1は、騒音S↓1を低減する装置である。防音装置1は、騒音S↓1による振動エネルギーを電気エネルギーに変換するとともに、この電気エネルギーを熱エネルギーに変換して騒音S↓を低減させるパッシブ方式の防音装置である。防音装置1は、図1に示すように、圧電フィルム2と、電極層3a、3bと、保持部4と、導電部5a、5bと、電気熱変換部6と、固定部材7a、7bなどを備えている。防音装置1は、図4に示すように、音源の移動方向に沿って左右方向及び上下方向に複数並べて設置可能であり、搬送や設置作業が容易なように予めユニット化されている。防音装置1は、例えば、騒音S↓1を発生するエンジンなどの機器の周囲、車両の床下、吸音又は遮音を目的とする防音体として使用される。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT