生物試料発光測定装置用生物試料培養・搬送装置

開放特許情報番号
L2007002029
開放特許情報登録日
2007/3/30
最新更新日
2007/3/30

基本情報

出願番号 特願2003-060069
出願日 2003/3/6
出願人 国立大学法人名古屋大学
公開番号 特開2004-267058
公開日 2004/9/30
登録番号 特許第3837535号
特許権者 国立大学法人名古屋大学
発明の名称 生物試料発光測定装置用生物試料培養・搬送装置
技術分野 電気・電子、有機材料
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 植物、ゲノムワイド、遺伝子発現の研究、品種改良、突然変異体
目的 多検体の生物試料を平板状のプレートで培養生育条件を均一とする培養部を採用し、搬送手段によって生物試料発光測定部に搬入することによって、信頼性のある測定結果を得ることが可能な発光測定を行わせる生物試料発光測定装置用生物試料培養・搬送装置の提供。
効果 特に生物発光リアルタイム測定法において用いることができ、ここで、生物発光リアルタイム測定法はポストゲノム時代の網羅的ゲノム機能解析の切札として、また突然変異体の網羅的分離において極めて有効な手法となっているため、ゲノム情報を基盤とするゲノム機能の網羅的解析を行うポストゲノム時代において大きな貢献をすることができる。
技術概要
この技術では、生物試料発光測定装置用生物試料培養・搬送装置は、各々複数の生物試料を収納する複数のプレートをセットし培養する培養部と、培養部にある生物試料収納プレートを生物試料発光測定装置の生物試料発光測定部に交互に搬送しセットしまた発光測定部にある生物試料を培養部に搬送し返送する搬送手段と、搬送手段の搬送動作を制御する制御コンピュータとからなり、培養部は生物試料を均一な条件で培養することが可能なよう構成する。培養部において均一な条件で培養した生物試料の生物試料収納プレートを、搬送手段によって生物試料発光測定装置の生物試料発光測定部に交互に搬送しセットし発光測定しまた発光測定部にある生物試料を培養部に搬送し返送するので、均一な条件で培養した生物試料について生物試料発光を正確に測定可能となる。測定結果は測定部コンピュータに入力され、測定結果の表示および解析が行われる。測定結果の表示および解析は、測定部コンピュータから外部コンピュータに測定結果を一定時間後あるいはリアルタイムに送り測定結果の表示および解析を行わせることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT