移動式光環境測定装置

開放特許情報番号
L2007002020
開放特許情報登録日
2007/3/30
最新更新日
2007/3/30

基本情報

出願番号 特願2003-193398
出願日 2003/7/8
出願人 国立大学法人名古屋大学
公開番号 特開2005-030791
公開日 2005/2/3
登録番号 特許第3837552号
特許権者 国立大学法人名古屋大学
発明の名称 移動式光環境測定装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 森林内の光環境測定、森林のバイオマスや葉量などの指標、生育環境、森林の二酸化炭素貯蓄量・光合成能力、人工林
目的 測定場所毎にその場所の測量およびその場所へのコドラート(枠取り法の枠)や測定機器の設置等の準備を迅速に行う必要があって測定作業者の作業負担が大きく、測定時も手早く測定を済ませる必要があって測定作業者の作業負担が大きいという問題を改善した、時空間的な変動の大きい森林内等の光環境を迅速に測定するための移動式光環境測定装置の提供。
効果 時空間的な変動が大きい森林内等の光環境を、測量やコドラートおよび測定機器の設置を行わなくても移動用一輪車を走行させるだけで迅速に測定できるので、光環境の測定、特に、多点での測定の、準備の際および測定時の測定作業者の作業負担を大幅に軽減することができる。
技術概要
この技術は、測定機器を搭載した移動用一輪車が、測定作業者による手押しあるいは搭載モータ等の動力源で駆動されて、一つの車輪で地表面や路面や床面等の走行面に接して、森林内の道なき斜面や悪路、登山路等の走行面上を走行し、その走行中、回転角センサが、移動用一輪車の回転角を検出し、車輪回転センサが、移動用一輪車の車輪の回転を検出し、測定位置・方向演算装置が、回転角センサからの自律航法用情報と、車輪回転センサからの移動距離情報とに基づき、その移動用一輪車が搭載した測定機器の光センサによる測定の際のその光センサの位置および検出方向を求める。そして移動用一輪車の走行中あるいは適宜停止しての、移動用一輪車が搭載した測定機器による測定の際、光センサが、その移動用一輪車の現在位置での光を検出してデータを出力し、光データ記録装置が、光センサが光を検出して出力したデータをその光センサの現在位置および検出方向と併せて記録する。このようにして記録した光のデータ(光データ)は、例えば森林外にて同時刻に光センサで測定した光データと対比することで、林内相対照度等に変換して用いる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT