強磁性構造材の強度の経年劣化の非破壊測定方法

開放特許情報番号
L2007001734
開放特許情報登録日
2007/3/23
最新更新日
2007/3/23

基本情報

出願番号 特願平11-189269
出願日 1999/7/2
出願人 岩手大学長
公開番号 特開2001-021538
公開日 2001/1/26
登録番号 特許第3158182号
特許権者 岩手大学長
発明の名称 強磁性構造材の強度の経年劣化の非破壊測定方法
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 強磁性構造材、強磁性構造体、材料強度劣化、非破壊測定方法
目的 強磁性構造材の強度の経年劣化の非破壊測定方法の提供。
効果 実質的な応力負荷の増加を従来よりも極めて低い磁界強度で正確に測定し得て、材料の経年劣化を非破壊で測定することができる。
技術概要
この技術では、強磁性構造材の経年による実質的な応力の変化を定量的に求めることにより、強磁性構造材の強度の経年劣化を非破壊で測定する方法において、被測定強磁性構造材の帯磁率χ↓c を所定の磁界強度Hで測定し、前記帯磁率χ↓c と前記磁界強度Hとから次式c=χ↓c H↑3 ・・・(1)により帯磁率係数cを求める。そして、材料の内部構造によって定まる既知の二つの定数aとbとを含む、実質的な引張応力σを求める次式σ={log(c)−a}/b ・・・(2)に帯磁率係数cの値を代入して、被測定強磁性構造材における実質的な引張応力σを求め、被測定強磁性構造材の前記実質的な引張応力σと前記強磁性構造材の初期状態での引張応力σ↓0 とを比較して、経年による強磁性構造材の実質的な応力の変化を求める。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT