図形編集処理システムの図形特定制御方法

開放特許情報番号
L2007001729
開放特許情報登録日
2007/3/23
最新更新日
2012/2/17

基本情報

出願番号 特願平09-057338
出願日 1997/3/12
出願人 株式会社日立情報システムズ
公開番号 特開平10-255067
公開日 1998/9/25
登録番号 特許第3239292号
特許権者 株式会社日立システムズ
発明の名称 図形編集処理システムの図形特定制御方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 CAD、コンピュータ支援設計
目的 操作者が編集対象として優先的に選択すべきオブジェクトを、他のオブジェクトから容易に判別できるように表示し、操作者のオブジェクト選択に要する時間を短縮することを可能とする図形編集処理システムの図形特定制御方法の提供。
効果 編集対象のオブジェクトの選択指定操作において、優先順位が明確に操作者に表示され、かつ、操作者がその優先順位を変更するができるので、操作者は、編集対象として指定すべきオブジェクトを、他のオブジェクトに優先してカーソルで特定させ、かつ容易に確認することができ、指定のオブジェクトの選択を容易にかつ高信頼に行うことが可能となり、操作者のオブジェクト指定操作に要する時間を短縮でき、図形編集処理システムの操作性を向上させることが可能である。
技術概要
この技術において、カーソルの座標を中心とする所定半径内に複数のオブジェクトがある場合には、カーソルの色と同じ色のオブジェクトを優先的に特定し、編集対象の候補としてハイライト表示等し、他の色のオブジェクトから区別して表示する。このことにより、操作者は、まとめて編集したい同一グループのオブジェクトの色に合わせてカーソルの色を設定することで、所望の各オブジェクトを容易に、かつ見失うことなく指定することができる。また、カーソルの色の設定および変更は、操作者によるオブジェクトの指定操作、もしくは、カラーパレットからの選択等に基づき行うようにする。さらに、初期操作時には、操作者が指定するまで、カーソルの移動に伴い次々に切り替わる特定対象の各オブジェクトの色に合わせてカーソルの色を変化させる。この場合、カーソルの色が自動的に特定対象のオブジェクトの色に変わるので、操作者は、従来技術で必要であった選択指定操作を行うことなく、カーソルで特定されるオブジェクトが所望のものか否かを確認できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT