地図表示システム及び地図表示方法並びに地図表示プログラム

開放特許情報番号
L2007001721
開放特許情報登録日
2007/3/23
最新更新日
2012/2/17

基本情報

出願番号 特願2002-220000
出願日 2002/7/29
出願人 株式会社日立情報システムズ
公開番号 特開2004-061856
公開日 2004/2/26
登録番号 特許第3656233号
特許権者 株式会社日立システムズ
発明の名称 地図表示システム及び地図表示方法並びに地図表示プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 学校区表示システム、管轄地区地図情報、地理情報システム
目的 学校区等の地域境界線が途中で切れていても地域の区分表示を行うことができ、更に縮尺を変えても区分を綺麗に表示することができる地図表示システム及び地図表示方法並びに地図表示プログラムの提供。
効果 境界線の幅が縮尺に関係なく一定であるため、操作者にとって認識しやすいという効果がある。また境界線の折線を直接編集できるので、境界線の変更の必要がある場合には容易に修正できる効果がある。また境界線は折線の集合として扱うので、境界線の一部が未確定で閉じていない場合にも対処できる。
技術概要
この技術は、折線により領域を形成する境界線を境に地域の区分を色分け表示する地図表示システムにおいて、地域を区分する折線の位置情報及び折線を境にして左右に隣接する区IDを格納する区境界テーブル及び区ID毎の色情報を格納する区テーブルとを記憶装置に記憶する。記憶装置の区境界テーブルから折線の位置情報及び折線を境にして左右に隣接する区IDを取り出すと共に、取り出した区ID毎の色情報を区テーブルから取り出し、折線の左右に一定距離離れた位置を求め、折線から求めた位置までの左右の領域を区テーブルから取り出した色情報に従って塗り潰し表示を行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT