ネットワーク管理サービス実行方法

開放特許情報番号
L2007001711
開放特許情報登録日
2007/3/23
最新更新日
2012/2/17

基本情報

出願番号 特願平09-199466
出願日 1997/7/25
出願人 株式会社日立情報システムズ
公開番号 特開平11-045185
公開日 1999/2/16
登録番号 特許第3543548号
特許権者 株式会社日立システムズ
発明の名称 ネットワーク管理サービス実行方法
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 コンピュータネットワーク
目的 コンピュータ資源の圧迫を避け、かつ、管理マネージャと管理クライアントとの間の通信量の増加を防止可能としたネットワーク管理サービス実行方法の提供。
効果 メモリ,ディスク記憶装置等のコンピュータ資源の圧迫を避け、かつ、管理マネージャと管理クライアントとの間の通信量の増加を防止可能としたネットワーク管理クライアント起動方法を実現できる。
技術概要
この技術は、管理マネージャを有する管理コンピュータと、管理クライアントを有する被管理対象コンピュータとがネットワークを介して接続されたシステムにおいて、管理クライアントの親プロセスが、子プロセスも含めた管理クライアント全体が動作するための資源量の上限値を各管理サービスの優先度に応じて予め保持している。そして、優先度が付加された管理サービスの実行指示を受けたときに、管理サービス実行に必要な資源量と当該優先度に応じて保持した資源量の上限値とを比較し、必要な資源量が上限値を下回っていれば、管理サービスを実行する子プロセスを起動し、また、必要な資源量が上限値を上回っていれば、管理サービス実行の延期を管理マネージャに要求する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT