ネットワーク監視装置と方法およびネットワーク監視プログラム

開放特許情報番号
L2007001710
開放特許情報登録日
2007/3/23
最新更新日
2012/2/17

基本情報

出願番号 特願2000-348410
出願日 2000/11/15
出願人 株式会社日立情報システムズ
公開番号 特開2002-152204
公開日 2002/5/24
登録番号 特許第3534067号
特許権者 株式会社日立システムズ
発明の名称 ネットワーク監視装置と方法およびネットワーク監視プログラム
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 ネットワーク稼動状況監視技術、インターネット、LAN、SNMP
目的 ネットワークの監視を効率的に行うことを可能とするネットワーク監視装置と方法およびネットワーク監視プログラムの提供。
効果 所定間隔においての平均的な情報が収集されるだけでなく、突発的に発生するネットワーク障害の監視を、ネットワークにかかる負荷、および、監視サーバにかかる負荷を抑えながら行うことができ、ネットワークの監視を効率的に行うことが可能である。
技術概要
この技術のネットワーク監視装置と方法では、予め定められた第1の時間間隔で定期的にネットワークの稼動監視を行う第1の監視部と、第1の時間間隔よりも短い第2の時間間隔でネットワークの稼動監視を行う第2の監視部とを設ける。そして、第1の監視部での監視結果で、ネットワークに異常の発生が予測されるようであれば、第2の監視部を起動して、短い周期での監視を行う構成とし、通常は第1の監視部による平均的なトラヒック監視だけを行うことでネットワークにかかる負荷を抑えておき、異常が予測されれば、第2の監視部による短周期での監視を行い、突発的なトラヒックの増加等を監視する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT