高抵抗器用鉄合金

開放特許情報番号
L2007001365
開放特許情報登録日
2007/3/16
最新更新日
2010/7/30

基本情報

出願番号 特願2005-034662
出願日 2005/2/10
出願人 国立大学法人東北大学
公開番号 特開2006-219728
公開日 2006/8/24
登録番号 特許第4543171号
特許権者 国立大学法人東北大学
発明の名称 高抵抗器用鉄合金
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 高抵抗器用鉄合金
目的 加工性に優れ、高い比抵抗値および低い抵抗値温度係数を兼ね備え、耐熱性、耐食性にも優れた材料を提供する。
効果 この鉄合金は、比抵抗値を150μΩ・cm以上にさせることができ、また±200ppm/℃の範囲内の温度係数を有し、耐熱、耐食性に優れた材料が得られる。
技術概要
 
Mn:10.0〜45.0重量%、Al:5.0〜15.0重量%、C:0.01〜2.0重量%、Cr:0.01〜15.0重量%、残部Fe及び不可避的不純物からなる高抵抗器用鉄合金である。組成範囲について、Mn:10.0〜45.0重量%とする理由は、5.0重量%未満では、高い比抵抗値を実現できず、45.0重量%以上であると、耐食性が劣化するからである。特にMn:15.0〜40.0重量%が望ましい。これにより高い比抵抗値および耐食性に富む材料を実現することができる。また、150(μΩ・cm)以上の比抵抗値を有する高抵抗器用鉄合金である。また、抵抗値の温度係数が±200ppm/℃の範囲内である高抵抗器用鉄合金である。また、時効熱処理により抵抗値の温度係数を低く制御した高抵抗器用鉄合金である。また、添加元素として、さらにB:0.001〜1.5重量%、N:0.001〜1.5重量%、Be、Mg、Si、Ti、V、Co、Ni、Cu、Nb、Mo及びWからなる群から選択した1種又は2種以上の元素を0.01〜5.0重量%含有する高抵抗器用鉄合金である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT