金属系及び/又はセラミックス多孔質成形体とその製造方法

開放特許情報番号
L2007001240
開放特許情報登録日
2007/3/9
最新更新日
2008/7/4

基本情報

出願番号 特願2006-308574
出願日 2006/11/15
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2008-120646
公開日 2008/5/29
発明の名称 金属系及び/又はセラミックス多孔質成形体とその製造方法
技術分野 金属材料、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 金属系乃至セラミックス多孔質成形体、金属系粉体、セラミックス粉体、鋳込成形、構造部材
目的 材料組成、気孔形状、気孔率、部材全体の形状などを制御可能で低環境負荷、簡便、及び低コストの要件を全て満たすことを可能とする金属やセラミックスなどの粉体を使用した多孔質成形体の製造方法、多孔質成形体、並びにその焼結体、及びそれらの部材の提供。
効果 制御した気孔形状を有し、鋳込成形体であり、上下方向に形態制御した孔を有し、成形体に形状付与してなる、という要件を満たした多孔質成形体並びに焼結体を製造し、提供することができる。また、低環境負荷、簡便、低コストの多孔質成形体並びにその焼結体の製造方法を提供することができる。
技術概要
この技術では、少なくとも金属系粉体及び/又はセラミックス粉体と水を含むスラリーに、略同じ条件下で作用する発泡剤とスラリー固化剤を添加し、発泡とスラリー固化を同時並行に進行せしめることで成形した金属系及び/又はセラミックス多孔質成形体を、気孔形状を制御すると共に、鋳込成形体であり、略均等に又は上下方向に長く形態制御した気泡又は孔を有し、成形体に形状付与してなるものとする。この成形体においては、上下方向に長い気泡又は成形体を貫通する孔を有するとすることができる。また、金属系が、金、銅、又はステンレス鋼であり、セラミックスが、酸化物系セラミックス、又は非酸化物系セラミックスであるとすることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT