音声情報提供システムおよび音声情報提供方法

開放特許情報番号
L2007000859
開放特許情報登録日
2007/3/2
最新更新日
2007/3/2

基本情報

出願番号 特願2005-181046
出願日 2005/6/21
出願人 独立行政法人情報通信研究機構、独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2007-005927
公開日 2007/1/11
発明の名称 音声情報提供システムおよび音声情報提供方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 スクリーン、ディスプレイ、ユーザ一人一人に個別に対応した音声情報提供が可能なシステム、赤外光、プロジェクタ
目的 画像中の複数点間をむすぶように赤外光を照射して線状の音声可聴領域を形成することのできる音声情報提供システムおよび音声情報提供方法の提供。
効果 位置p↓oと位置p↓nとの間を結ぶ線状の音声可聴領域を形成し、さらにはこの音声可聴領域において、位置p↓oから位置P↓nへ向かうときにのみ変調赤外光を出力したり、位置P↓nから位置p↓oへ戻るときも連続して変調赤外光を出力したりすることで、片道のみの音声出力、往復の音声出力を実現できるようになる。
技術概要
この技術は、画像を表示する画像表示装置、画像表示装置により表示されている画像中の複数位置に向けて、音声情報を基に変調した赤外光を出力する音声出力装置、および画像中の任意位置にて赤外光を受信して電気信号に変換し、電気信号を音声再生する音声再生端末を備えた音声情報提供システムであって、音声出力装置は、音声情報を基に変調した赤外光を出射する赤外光源と、赤外光源を反復動作させるモータと、赤外光を画像中の位置p↓oおよび位置p↓nの間で反復移動させるように赤外光源を反復動作させる動作制御部と、赤外光の反復移動時に、赤外光を、位置p↓oから位置p↓nに向かうときに音声情報に基づいて変調し、位置p↓nから位置p↓oに戻るときには変調しない変調制御部とを有している音声情報提供システムとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT