植林作業前の耕耘作業及び植林作業を連続的に行う自動耕耘植付機

開放特許情報番号
L2007000345
開放特許情報登録日
2007/2/2
最新更新日
2017/7/21

基本情報

出願番号 特願2005-188032
出願日 2005/6/28
出願人 独立行政法人森林総合研究所
公開番号 特開2007-006715
公開日 2007/1/18
登録番号 特許第4793716号
特許権者 国立研究開発法人森林研究・整備機構
発明の名称 自動耕耘植付機
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、環境・リサイクル対策
適用製品 自走式移動装置のアーム部に取り付けられる自動耕耘植付機
目的 植林作業前の耕耘作業及び植林作業を連続的に行うことが可能な自動耕耘植付機を提供する。
効果 本発明によれば、一対のカッターバー付きオーガを回転させながら下降させることにより、植穴を形成するとともに植穴周辺の雑草を根こそぎ排除することができ、また、プランティングチューブをオーガ部に対して独立して下降させることより植穴に苗木を投入することができる。
技術概要
 
自走式移動装置のアーム部に取り付けられて使用される自動耕耘植付機であって、アーム部に固定される固定フレーム部と、その固定フレーム部に対して昇降可能な植穴を掘削する一対のカッターバー付きオーガを回転可能に備えたオーガ部と、固定フレームに対しオーガ部とは独立に昇降可能で、下端開口部に開閉可能な開閉手段を有する植穴に苗木を投入するためのプランティングチューブとを有する自動耕耘植付機である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT