ツビフェラールAおよびツビフェラールB

開放特許情報番号
L2007000274
開放特許情報登録日
2007/1/26
最新更新日
2010/5/7

基本情報

出願番号 特願2004-244657
出願日 2004/8/25
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2005-306838
公開日 2005/11/4
登録番号 特許第4465466号
特許権者 国立大学法人 千葉大学
発明の名称 ツビフェラールAおよびツビフェラールB
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 ツビフェラールAおよびツビフェラールB
目的 天然の動植物、微生物などに含まれる新規の化学成分を提供する。
効果 コモチクダホコリ(Tubifera dimorphotheca)由来の新規化合物であるツビフェラールAおよびツビフェラールBを提供することができる。この新規化合物は有用な生物活性が期待でき、大いに有用な医薬品となる。
技術概要
新規化合物は、式1で表されるツビフェラールA(Tubiferal A:「TD−1」と略称する)および式2で表されるツビフェラールB(Tubiferal B:「TD−2」と略称する)である。このツビフェラールAおよびツビフェラールBは、コモチクダホコリから単離することにより製造することができる。例えば、野外採取した変形菌の子実体であるコモチクダホコリから90%メタノールおよび90%アセトンを溶媒として成分を抽出し、分画することにより得ることができ、その方法は限定されない。ツビフェラールAおよびツビフェラールBは、細胞毒性物質として利用できる。テルペノイド系天然物は、ヒト子宮頸がんHeLa細胞やマウス白血病細胞P388等の腫瘍細胞に対する細胞毒性を示すものが多く、特にツビフェラールAの場合分子内にラクトン構造をもつテルペノイドであり、しかも従来前例のない新規化学構造を有するため、新規細胞毒性物質としての有用性が期待される。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT