有機発光材料

開放特許情報番号
L2007000150
開放特許情報登録日
2007/1/19
最新更新日
2008/6/13

基本情報

出願番号 特願2004-097164
出願日 2004/3/29
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2005-281185
公開日 2005/10/13
登録番号 特許第4000379号
特許権者 国立大学法人信州大学
発明の名称 有機発光材料
技術分野 電気・電子、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 スチルベン系化合物、有機エレクトロルミネッセンス、有機固体用発光材料
目的 有機固体レーザ用の発光材料として優れた特性を示す新規な化合物の提供。
効果 本技術のホウ素含有スチルベン系化合物は、優れたレーザ発光特性(低い閾値及び/又は高い発光強度、そして発光スペクトルの半値幅の好ましい狭さ)を示すため、特に有機固体レーザ用の発光材料として効果的に利用することができる。
技術概要
この技術では、式[式中、R↑1、R↑2、R↑3、R↑4、R↑5、R↑6、R↑7、R↑8、R↑9、R↑(10)、R↑(11)、およびR↑(12)は、互いに独立に、水素原子もしくは置換基を表わし、Q↑1、Q↑2、Q↑3、およびQ↑4は、互いに独立に、置換基を有していてもよい炭素原子数5以上で、異種原子を含んでいてもよい脂肪族基、脂環族基、もしくは芳香族基を表わし、そしてnは0〜4の整数である]で表わされる特定の化学構造を有する新規なホウ素含有スチルベン系化合物が、特に有機固体レーザ用の発光材料として優れた特性を示すことを見いだした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT