カーボンナノチューブと高分子を用いた電子放出源およびその製法

開放特許情報番号
L2007000147
開放特許情報登録日
2007/1/19
最新更新日
2008/10/17

基本情報

出願番号 特願2004-092829
出願日 2004/3/26
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2005-285344
公開日 2005/10/13
登録番号 特許第3972107号
特許権者 国立大学法人信州大学
発明の名称 カーボンナノチューブと高分子を用いた電子放出源の製法
技術分野 電気・電子、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 電界放出型ディスプレイ、電界放出型電子源
目的 電子放出に要する電圧をさらに低くすることができるカーボンナノチューブと高分子を用いた電子放出源およびその製法の提供。
効果 電子放出に要する電圧がより低い、カーボンナノチューブと高分子を用いた電子放出源を提供できる。
技術概要
この技術は、導電性高分子とカーボンナノチューブとを含む溶液に、電源に接続された陽極と陰極とを挿入し、陰極に、導電性高分子とカーボンナノチューブとを堆積させるカーボンナノチューブと高分子を用いた電子放出源の製法であって、導電性高分子中にカーボンナノチューブが分散した膜を得ることができる。製造過程において、カーボンナノチューブは、その長さ方向を陰極に向けて堆積しやすくなる。このため、カーボンナノチューブが導電性高分子の膜に垂直に立設した形態の膜を得ることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT