靴を履いた状態で履ける長靴

開放特許情報番号
L2007000095
開放特許情報登録日
2007/1/12
最新更新日
2007/1/12

基本情報

出願番号 特願2006-240758
出願日 2006/9/5
出願人 渡邉 吉朗
公開番号 特開2008-061718
公開日 2008/3/21
特許権者 渡邉 吉朗
発明の名称 長靴
技術分野 生活・文化
機能 その他
適用製品 長靴
目的 靴を履いた状態で履ける長靴を提供する
効果 靴を履いた状態で容易に長靴を履くことが出来る
技術概要
本発明の長靴は、靴を履いた状態で履く長靴であって、両底面が開口した略筒形状をしており上記靴から足首より上までの周囲を覆う軟質防水性の素材により構成された長靴本体部と、上記長靴本体部における一方の底面の開口を閉じる靴底形状の長靴底部と、上記長靴本体部における足首より上の周囲を覆う部分の所定の位置に設けられた上記長靴本体部における足首より上の周囲を覆う部分の外周を短く調整させる部材である外周調整部材と、上記長靴本体部の足首の周囲を覆う部分を上記長靴本体部の表面から締め付ける足首締付部材とを具備することを特徴とするものである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 交渉による

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 足首より上部分の外周を細かく調整できる
改善効果2 長靴内の空気の循環を効率よくさせる
改善効果3 長靴の防水性及び通気性を強化してさらに軽量化した
アピール内容 推奨アドバイザー :栃木県特許流通アドバイザイー 関根陽一

登録者情報

登録者名称 渡邉 吉朗

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT