森林の樹冠の評価方法及びその樹冠評価プログラム

開放特許情報番号
L2007000062
開放特許情報登録日
2007/1/12
最新更新日
2007/1/12

基本情報

出願番号 特願2005-100470
出願日 2005/3/31
出願人 国立大学法人金沢大学、北陸電力株式会社
公開番号 特開2006-285310
公開日 2006/10/19
発明の名称 森林の樹冠の評価方法及びその樹冠評価プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 森林の樹冠評価システム
目的 森林の高分解能の衛星写真画像から樹冠形状を正確に検出することができ、その樹冠の樹種を正確に判定することができる森林の樹冠評価方法及びその樹冠評価プログラムを提供する。
効果 樹冠の境界部分の輝度値変化を実質的に変更せずに峰と谷の部分を平坦にする平坦化処理を行うことにより、その後の領域分割処理において、ウォーターシェッドアルゴリズム(流域検出方法)による簡単な画像処理により樹冠形状の検出を正確に行うことができる。また、樹冠の画像のテクスチャ特徴量により樹種を判定するので、樹冠内の複数の画素のスペクトル分析よりもより正確に樹種を判定することができる。
技術概要
森林を上空から撮影した画像データを処理して森林の樹冠を評価する樹冠評価方法において、画像データの輝度値の空間変化について樹冠の境界部分の輝度値変化を実質的に変更せずに峰と谷の部分を平坦にする平坦化処理を行い、その平坦化された画像データの前記輝度値の空間変化に対して領域分割処理を行って、樹冠の形状を求める。更に、樹冠の画像データのテクスチャ特徴量を求め、樹冠の画像のテクスチャ特徴量を既知の樹種の樹冠画像データから求めた基準テクスチャ特徴量と比較して樹冠の樹種を判定する。樹冠の評価手順をコンピュータに実行させる樹冠評価プログラムは、撮影した画像データを画像処理して森林内の樹冠の形状を求める手順と、求められた樹冠形状の画像データのテクスチャ特徴量を求め、樹冠の画像のテクスチャ特徴量を既知の樹種の樹冠画像データから求めた基準テクスチャ特徴量と比較して樹冠の樹種を判定する樹種判定手順とを有する。図1は、森林の樹冠の評価方法についてのフローチャート図である。図2には、青と緑の衛星画像が示される。画像データは、画素に対応する輝度値であり、例えば8ビット、256階調の輝度値データである。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT