手術用トレーニング装置

開放特許情報番号
L2006007147
開放特許情報登録日
2006/12/1
最新更新日
2015/9/25

基本情報

出願番号 特願2006-231784
出願日 2006/8/29
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2008-058364
公開日 2008/3/13
登録番号 特許第4585997号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 手術用トレーニング装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 内視鏡、手術用トレーニング装置
目的 教師と学習者とが同じ環境で、同じ動作を行うことができるようにした手術用トレーニング装置の提供。
効果 内視鏡画像、手元画像、全身画像など複数の視点から撮影した学習者および教師の画像を呈示することにより、学習者が学習者と教師の手技の差異を容易に認識でき、学習者にとっては手術手技の獲得が促進される。また、教師が学習者の手技の欠点を容易に認識でき、学習者に適切な指示を与えることができる。
技術概要
この技術では、手術用トレーニング装置は、教師と教師用模型との相対位置が同一となるように学習者のトレーニング位置に対する相対位置に設置する学習者用模型を備え、トレーニング位置の学習者の全身を撮影する第1カメラを備え、学習者の腕の動きと手元の内視鏡担持部を同時に撮影する第2カメラを備える。また、教師の全身を撮影する第3カメラと、教師の腕の動きと手元の内視鏡担持部を同時に撮影する第4カメラを備え、教師が用いる内視鏡カメラと、学習者が用いる内視鏡カメラを備える。そして、第1カメラおよび第2カメラで撮影した内視鏡担持部の映像を映し出す学習者用の第1および第2画像モニタを備える。また、学習者の内視鏡カメラおよび教師の内視鏡カメラで撮影した映像をそれぞれ映し出す学習者用の内視鏡画像モニタと、教師が用いる内視鏡カメラで撮影した映像および学習者が用いる内視鏡カメラで撮影した映像をそれぞれ映し出す教師用の内視鏡画像モニタを備える。さらに、第3カメラで撮影した全身の映像を映し出す教師用の第3画像モニタと、第4カメラで撮影した内視鏡担持部の映像を映し出す教師用の第4画像モニタとを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT