データ処理方法およびデータ処理装置

開放特許情報番号
L2006007119
開放特許情報登録日
2006/12/1
最新更新日
2016/6/1

基本情報

出願番号 特願2008-529892
出願日 2007/8/17
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2008/020634
公開日 2008/2/21
発明の名称 データ処理方法およびデータ処理装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 格子状に分割された空間に存在する粒子データなどの様々なデータに対する演算を実行するデータ処理装置
目的 格子状に分割された空間に存在する粒子データ等のデータに対する演算処理を効率良く実行することのできる、データ処理方法およびデータ処理装置の提供を目的とする。
効果 格子に処理対象データそのものを置くのではなく、別途確保したデータ用メモリとの間の相互関係を表すインデックスを置くことにより、データの移動をインデックスの書換えだけで行うことができる。また、データとインデックスの総量分のメモリがあれば演算が可能となる。さらに、データ用メモリからデータの存在する格子位置が判明できるため、全ての格子を調べなくても演算可能となる。
技術概要
各格子に存在するデータを格子用メモリとは別のデータ用メモリに格納し、各格子に、自己のデータがデータ用メモリの何処に格納されているかを示す第一相互インデックスを割り当てる。データ用メモリに、格納されているデータがどの格子に存在するものかを示す第二相互インデックスを割り当てる。 ある格子のデータを他の格子に移動する際に、対応する第一および第二相互インデックスの書換えを行う。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT