マルチX線の発生方法及びその装置

開放特許情報番号
L2006006983
開放特許情報登録日
2006/11/24
最新更新日
2011/8/12

基本情報

出願番号 特願2004-340549
出願日 2004/11/25
出願人 地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター
公開番号 特開2006-155925
公開日 2006/6/15
登録番号 特許第4776212号
特許権者 地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター
発明の名称 マルチX線の発生方法及びその装置
技術分野 電気・電子、その他
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 骨密度測定装置、2成分厚さ計
目的 X線発生装置から放出される連続X線を、簡便な方法で複数の単色X線に変換することにより、種々の非破壊検査装置に応用可能なX線源を得ることを目的とする。
効果 従来法では装置が大きくなってしまったり、コストがかかったり、測定が煩雑にかるという欠点があったが、今回の発明では、1種類以上の金属フィルターを通すことにより簡単にマルチX線が取り出せる。
技術概要
 
連続X線発生器に金属材料のフィルターを配置して管電圧をかけることにより低エネルギーの狭帯域及び/又は高エネルギーの狭帯域にX線ピークを有するマルチX線の発生方法であって、金属材料のフィルターが少なくとも1種類の金属元素からなり、該金属フィルターが金属元素の特性X線のエネルギーより10〜30keVの高エネルギー位置において、exp(−μρx)≦0.1(μは金属元素の特定エネルギーにおける質量減弱係数(cu/g)、ρは金属元素の密度(g/c㎥)、xは金属フィルターの厚さ(cm) を表す)、かつ管電圧が該金属元素の特性X線のエネルギーを発生させるに 必要な管電圧または該電圧より数kV以上高い電圧であることを特徴とするマルチX線の発生方法
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT