不燃木材の製造方法

開放特許情報番号
L2006006834
開放特許情報登録日
2006/11/2
最新更新日
2006/11/2

基本情報

出願番号 特願2002-332127
出願日 2002/11/15
出願人 浅野木材工業株式会社
公開番号 特開2003-211412
公開日 2003/7/29
登録番号 特許第3538194号
特許権者 浅野木材工業株式会社
発明の名称 不燃木材の製造方法
技術分野 土木・建築
機能 材料・素材の製造
適用製品 不燃木材の製造システム
目的 木材に対して不燃剤の含浸量を極力向上させることができる不燃木材の製造方法、更には、建築基準法としても不燃木材の条件を完全に満たし、比較的簡単に製造できる不燃木材の製造方法、を提供する。
効果 木材の組織に対して、奥深い領域まで十分な不燃処理剤の含浸が可能となる。そして、建築基準法をクリアできる不燃木材を始めて提供することができる。しかも、不燃木材の製造方法としては、一連の工程中に乾燥工程を設けたことで不燃木材の製造方法が可能となり、特殊な製造工程が不必要で、従来の製造装置を使って製造が簡単にできる。
技術概要
木材を乾燥させる第1乾燥工程と、第1乾燥工程により乾燥させた後、減圧された容器内で木材を減圧する第1減圧工程と、第1減圧工程により減圧させた後、減圧された容器内で木材を不燃処理剤に浸して不燃処理剤を木材組織に含浸させる第1減圧含浸工程、第1減圧含浸工程により含浸させた後、容器内で木材を不燃処理剤に浸した状態で加圧して不燃処理剤を木材組織に含浸させる第1加圧含浸工程、第1加圧含浸工程により含浸させた後、不燃処理剤が含浸された木材を乾燥する第2乾燥工程、第2乾燥工程により乾燥させた後、減圧された容器内で木材を減圧する第2減圧工程と、第2減圧工程により減圧させた後、減圧された容器内で木材を不燃処理剤に浸して不燃処理剤を木材組織に再度含浸させる第2減圧含浸工程、第2減圧含浸工程により含浸させた後、容器内で木材を不燃処理剤に浸した状態で加圧して不燃処理剤を木材組織に再度含浸させる第2加圧含浸工程、第2加圧含浸工程により含浸させた後、不燃処理剤が含浸された木材を乾燥する第3乾燥工程と、よりなる不燃木材の製造方法である。図1は不燃木材の製造方法を達成するための各工程を示した図である。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2018 INPIT