キラルセンサーおよびキラルセンシング方法

開放特許情報番号
L2006006793
開放特許情報登録日
2006/10/27
最新更新日
2015/11/10

基本情報

出願番号 特願2005-060283
出願日 2005/3/4
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2006-242809
公開日 2006/9/14
登録番号 特許第4084364号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 キラルセンサーおよびキラルセンシング方法
技術分野 化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 キラルセンサー
目的 広範なサイズと種類のキラル分子を高感度にキラルセンシングすることのできる新しい技術を提供する。
効果 マルチポルフィリンデンドリマーを用いれば、分子サイズに関する制約を殆んど受けることなく広範囲のキラル分子についてキラリティーを高感度に判別できる。
技術概要
式1、式2または式3で表わされるマルチポルフィリンデンドリマー化合物から成る、ポルフィリンが三次元的に広がったデンドリマー構造の化合物をホスト化合物として、目的のキラル分子の両末端をビピリジン環などで修飾したゲスト化合物とのホスト−ゲスト錯体の円二色性スペクトルを測定する。式中、nは、1〜10の整数;Xは、エステル、エーテル、アミド、アルケン、ケトン、アミン、アルコキシ、ビニル、フェニル、チオルエーテル、スルフォン、リン酸、環状チオフィン、環状アミン、または、ペプチドから選ばれる結合;Zは水素原子、水酸基、ハロゲン原子、シアノ基、直鎖状もしくは分岐状アルキル基、エチレングリコール鎖又はそのオリゴマー、ポリマー鎖、フェニル基、または、ベンジルエーテル基から選ばれる官能基または原子団;Yは、水素原子、ハロゲン原子、シアノ基、アルキル基、エチレングリコール又はそのオリゴマー、ポリマー鎖、フェニル基から選ばれる官能基または原子団;Mは、水素原子、ケイ素原子、または亜鉛、鉄、マンガン、マグネシウム、コバルト、金、錫、ルテニウム、ロジウムもしくは希土類金属から選ばれる金属原子を表わす。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT