異極像結晶を用いたオゾン生成方法および装置

開放特許情報番号
L2006006742
開放特許情報登録日
2006/10/20
最新更新日
2018/2/20

基本情報

出願番号 特願2005-151900
出願日 2005/5/25
出願人 国立大学法人京都大学、学校法人同志社、中西 義一
公開番号 特開2006-327856
公開日 2006/12/7
登録番号 特許第3874361号
特許権者 国立大学法人京都大学、中西 義一
発明の名称 異極像結晶を用いたオゾン生成方法および装置
技術分野 機械・加工、電気・電子、生活・文化
機能 材料・素材の製造、食品・飲料の製造
適用製品 食品、衛生設備の滅菌や殺菌、金属や半導体の酸化等の工業的用途にも広く利用できるオゾン生成装置を提供する。
目的 異極像結晶を熱励起することによって結晶の回りに発生する高電界を利用して、大気中でオゾンを生成させる装置を提供する。
効果 大型電源・高圧電源や真空設備などを必要としないで、大気中ないしそれ以上の高圧雰囲気中で高濃度のオゾンを生成することが可能になる。
技術概要
常圧以上の大気を封入した筐体1内に、分極方向を一方向に揃えた例えばタンタル酸リチウム、ニオブ酸リチウム等の異極像結晶2をその一方の極性側表面が直接大気に接するように配置し、結晶体2の他方側にこれを熱励起する結晶の加熱・冷却ステージ等の手段3を設け、制御回路4によりこの熱励起手段3を介して結晶体2の温度を周期的に昇降させて結晶体2の周辺に高電界を発生せしめ、この高電界による荷電粒子の挙動を利用して筐体1内の大気中にオゾンを生成させるオゾン生成装置にする(図−1)。尚、筐体内に複数の異極像結晶を配置すれば、筐体内大気を連続的に効率よくオゾン化することができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT