監視情報自動設定方法及び監視情報自動設定システム装置

開放特許情報番号
L2006006636
開放特許情報登録日
2006/10/6
最新更新日
2006/10/6

基本情報

出願番号 特願2001-097835
出願日 2001/3/30
出願人 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
公開番号 特開2002-300204
公開日 2002/10/11
登録番号 特許第3406303号
特許権者 エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
発明の名称 監視情報自動設定方法及び監視情報自動設定システム装置
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 監視情報自動設定システム装置
目的 基本パスの登録及び警報出力先の登録に要する作業量を軽減することを可能とする監視情報自動設定方法及び監視情報自動設定システム装置の提供。
効果 回線の束をなす基本パス22の登録情報から、当該基本パスについての故障の発生を示す警報出力の配信先である配信先ノードA15のアドレスを決定する配信先ノード設定処理と、配信先ノード設定処理で決定された配信先ノードのアドレスを、前記警報出力を配信するときに用いられるデータベースに登録する配信先ノード登録処理と、を実施してなる特徴的構成手法採用。
技術概要
 
回線の束をなす基本パスの登録情報から、当該基本パスについての故障の発生を示す警報出力の配信先である配信先ノードを決定する配信先ノード設定処理を施すに当り、基本パスの前記配信先ノードを選択する一般配信先ノード名決定処理と、を順次踏んで一連に実行される、ことを特徴とする監視情報自動設定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT