固定構造物の通過波低減構造

開放特許情報番号
L2006006458
開放特許情報登録日
2006/9/29
最新更新日
2011/7/1

基本情報

出願番号 特願2004-022514
出願日 2004/1/30
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2004-257230
公開日 2004/9/16
登録番号 特許第4662233号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 固定構造物の通過波低減構造
技術分野 輸送
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 固定構造物、通過波低減構造、列車、トンネル、トンネル微気圧波
目的 トンネル区間以外の明り区間における低周波の圧力波を低減することができる固定構造物の通過波低減構造の提供。
効果 トンネル区間以外の明り区間における低周波の圧力波を低減することができる。
技術概要
この技術では、トンネル区間以外の明り区間の固定構造物と移動体との相互干渉によって発生する通過波を低減する固定構造物の通過波低減構造において、固定構造物は、明り区間を移動する移動体がこの固定構造物の近傍を通過するときに発生する通過波を低減する通過波低減部を備えるものとする。通過波低減部は、固定構造物の下方を移動体が通過するときに、この移動体の移動方向に対して斜め方向に交差するようにこの固定構造物に形成する。この通過波低減部は、跨線橋、橋上駅又は立体交差に形成する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT