レール・車輪間の粘着係数の測定方法

開放特許情報番号
L2006006453
開放特許情報登録日
2006/9/29
最新更新日
2011/7/1

基本情報

出願番号 特願2003-432115
出願日 2003/12/26
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2005-189144
公開日 2005/7/14
登録番号 特許第4094542号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 レール・車輪間の粘着係数の測定方法
技術分野 電気・電子、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 鉄道車両のブレーキ時の力学的な挙動、ブレーキ力、レール・車輪間の粘着力、回転運動エネルギー
目的 レール・車輪間の粘着係数を、一般のブレーキ試験と同程度の簡易さで、かつ、動特性として測定することができるレール・車輪間の粘着係数の測定方法の提供。
効果 容易にレール・車輪間の粘着係数の測定ができる。レール・車輪間の粘着係数を時間の関数として測定することができる。レール・車輪間の粘着係数を、一般のブレーキ試験と同程度の簡易さで、かつ、動特性として測定することができる。
技術概要
この技術は、レール・車輪間の粘着係数の測定方法において、編成車両全体の重量M、第i軸の慣性モーメントJ↓i、第i軸の車輪半径R↓i(1≦i≦n)、編成車両の減速度β、編成車両のブレーキ開始前の減速度β↓0を求めて、レール・車輪間の粘着係数の測定部に入力し、特定の理論式に基づいてレール・車輪間の粘着係数を得る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT