クリープ力測定装置及び方法

開放特許情報番号
L2006006438
開放特許情報登録日
2006/9/29
最新更新日
2011/7/1

基本情報

出願番号 特願2003-399122
出願日 2003/11/28
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2005-156505
公開日 2005/6/16
登録番号 特許第4065831号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 クリープ力測定装置及び方法
技術分野 電気・電子、輸送
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 鉄道レールと鉄道車輪間に作用するクリープ力、転がり摩擦力、動摩擦係数、すべり率、表面状態、介在物
目的 実際のレール−鉄道車輪においてクリープ力を簡易に測定することができるクリープ力測定装置及び方法の提供。
効果 実際のレール−鉄道車輪においてクリープ力を簡易に測定することができる。そして、この装置によるクリープ力の測定結果と、トリボメータやμテスター等の装置による摩擦係数の測定結果を併せることで、クリープ力が脱線等に与える影響を解明できるようになることも期待できる。
技術概要
この技術は、鉄道レールと鉄道車輪間に作用するクリープ力(転がり摩擦力)を測定するクリープ力測定装置であって、 レール上に固定され、レール長手方向に延びるフレームと、 フレーム上でレール長手方向に沿って駆動されるローラーブロックと、 フレームに設けられた、ローラーブロックを低摩擦で案内する案内手段と、 ローラーブロックに回転自在に取り付けられ、レール上をレール長手方向に転動する測定ローラーと、 測定ローラーの回転角速度を検出する回転角速度検出手段と、 測定ローラーに回転モーメントを付与するモーメント付与手段と、 回転モーメントを検出するモーメント検出手段と、 測定ローラーのレールへの押付力を設定する押付力設定手段と、 押付力を検出する押付力検出手段と、 ローラーブロックの駆動速度を検出する駆動速度検出手段と、 各検出手段の検出値に基づいて、クリープ力を算出する算出手段と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT