列車の乗り物酔い評価指標の計測方法及びその装置

開放特許情報番号
L2006006375
開放特許情報登録日
2006/9/29
最新更新日
2011/7/1

基本情報

出願番号 特願2003-077045
出願日 2003/3/20
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2004-286502
公開日 2004/10/14
登録番号 特許第4080358号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 列車の乗り物酔い評価指標の計測方法及びその装置
技術分野 電気・電子、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 車体傾斜車両、曲線走行、サービスの質、左右振動
目的 列車の乗り物酔い評価指標を確実に計測することができる列車の乗り物酔い評価指標の計測方法及びその装置の提供。
効果 列車で計測した左右振動加速度から、乗り物酔い発生率の予測が可能となる。乗り物酔い防止技術の有効性を定量的に評価することが可能になる。任意の地点間の乗り物酔い発生率を予測することが可能になることから、乗り物酔いに関する軌道状態を定量的に評価することが可能になる。
技術概要
この技術では、列車の乗り物酔い評価指標の計測方法において、左右加速度センサからの左右加速度情報を低周波左右振動通過補正フィルタとサンプリング部に通し、そこから得られた低周波左右振動の瞬時値を積分することにより、乗り物酔い評価指標の計測を行う。低周波左右振動通過補正フィルタは、略0.25から0.315Hzをピーク周波数とし、略−18dB/オクターブの特性を有するものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT