構造物の振動特性の非接触計測による同定方法及び装置

開放特許情報番号
L2006006351 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2006/9/29
最新更新日
2011/7/1

基本情報

出願番号 特願2002-355051
出願日 2002/12/6
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2004-184377
公開日 2004/7/2
登録番号 特許第4001806号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 構造物の振動特性の非接触計測による同定方法及び装置
技術分野 土木・建築
機能 検査・検出
適用製品 地震時損傷度、非線形構造解析
目的 構造物検査のための振動測定をより容易にかつ安全に実施できる構造物の振動特性の非接触計測による同定方法及び装置の提供。
効果 構造物検査のための振動測定をより容易にかつ安全に実施できる。また、構造物への振動計の取付けに要していた時間と費用を節約することができる。又、複数の非接触型振動計を用いる場合に比べて、検査用装置の価格を大幅に低減できる。
技術概要
構造物の振動特性の非接触計測による同定方法において、この技術では、非接触型振動計で構造物の振動方向の振動を計測する際に、非接触型振動計に接触型振動計を取り付けて振動方向の振動を同時測定し、非接触型振動計で計測された時系列振動データX↓L(t)に接触型振動計で計測された時系列振動データX↓S(t)16を加えて、前記非接触型振動計の振動の影響を取り除いた構造物の時系列振動データX↓M(t)を求め、時系列振動データをスペクトル演算して非接触型振動計の振動の影響を取り除いた構造物の周波数特性S↓M(f)を得る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT