低熱膨張線状体

開放特許情報番号
L2006006211
開放特許情報登録日
2006/9/29
最新更新日
2011/7/1

基本情報

出願番号 特願2002-083665
出願日 2002/3/25
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2003-281942
公開日 2003/10/3
登録番号 特許第4281891号
特許権者 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 低熱膨張トロリ線
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 低熱膨張線状体、トロリ線、超高分子量ポリエチレン繊維、ポリパラフェニレンベンゾビスオキサゾール
目的 正の線膨張特性を持つ導電性材料と負の線膨張特性を持つ材料との複合構造化を図り、熱膨張を極力抑えることができる低熱膨張線状体の提供。
効果 導電性材料と負の熱膨張係数の材料との複合構造の線状体により、極力線膨張係数の小さい低熱膨張の線状体を得ることができる。
技術概要
この技術では、低熱膨張線状体を、正の線膨張特性を持つ導電性材料と負の線膨張特性を持つ材料との複合構造からなるものとする。例えば、銅、アルミニウム導体の中に、フィラ状、線状、ケーブル状、棒状の負の線膨張係数を持つ有機材料を埋め込む。この低熱膨張線状体において、負の線膨張特性を持つ材料が超高分子量ポリエチレン繊維であるものとする。材料がポリパラフェニレンベンゾビスオキサゾール(PBO)を液晶紡糸した繊維であるものとしてもよい。そして、低熱膨張線状体がトロリ線であるものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT