モデリング装置、プログラム、及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体、並びに対応付け方法

開放特許情報番号
L2006005956
開放特許情報登録日
2006/9/22
最新更新日
2015/11/10

基本情報

出願番号 特願2005-018949
出願日 2005/1/26
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2006-204463
公開日 2006/8/10
登録番号 特許第3836487号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 モデリング装置、プログラム、及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体、並びに対応付け方法及びモデリング方法
技術分野 生活・文化、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 モデリング装置、プログラム、及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体
目的 複雑な形状を有する物体であっても、或る物体から得られた特性情報を形状が異なる他の物体に容易に射影できる、さらに、物体の形状と関連性がある方向特性情報を、或る物体から他の物体に容易に射影できる、モデリング装置を実現する。
効果 このモデリング装置は、複雑な形状を有する物体であっても、或る物体から得られた特性情報を形状が異なる他の物体に容易に射影することができる。また、このプログラム及び記録媒体は、上記モデリング装置の各手段としてコンピュータを実行させるためのプログラム、及びこれを記録した記録媒体であるので、複雑な形状を有する物体であっても、或る物体から得られた特性情報を、形状が異なる他の物体に容易に射影できるモデリング装置を実現することができる。
技術概要
図1はモデリング装置の要部構成を示す機能ブロック図である。図1に示すように、モデリング装置1は、心臓に対して所定の電圧を印加した際の、心臓内の任意の位置における電位を求める仮想通電部12と、入力部10から入力された形状情報に基づいて形成された心臓モデルに対して、繊維方向を射影する射影部13とを備えている。ここで、射影部13は、射影先となる位置を、仮想通電部12によって求められた電位に基づいて特定する。このように位置特定に電位を用いることにより、形状が複雑で、かつ、形状が様々な心臓に対して、繊維方向を容易に射影することができる。また、各手段として、コンピュータを動作させるためのプログラムである。さらに、このプログラムが記録されたコンピュータ読み取り可能な記録媒体である。図2は図1に示すモデリング装置の処理工程を示すフロー図、図3は図2に示す処理工程のうち、電位及び電流方向の算出処理工程を示すフロー図である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT