難消化性澱粉(レジスタントスターチ)の多い米を原料とする米加工品およびその製造方法

開放特許情報番号
L2006005846
開放特許情報登録日
2006/9/15
最新更新日
2013/8/21

基本情報

出願番号 特願2005-031555
出願日 2005/2/8
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2006-217813
公開日 2006/8/24
発明の名称 米加工品およびその製造方法
技術分野 食品・バイオ、生活・文化
機能 食品・飲料の製造、加圧・減圧、安全・福祉対策
適用製品 突然変異米を原料とする粒食形態の米加工品(米飯、発芽玄米、粥、高圧処理米飯)とその製造方法、突然変異米を原料とする粉食形態の米加工品(パン、麺、米菓)、膨化米とする米加工品の製造方法
目的 難消化性澱粉の多い米を原料とする米飯、発芽玄米、粥あるいは高圧処理米飯等の粒食形態、もしくはパン、麺あるいは米菓等の粉食形態であって、血糖上昇抑制作用を有する米加工品およびその製造方法を提供する。
効果 本発明によれば、米飯摂食後の血糖値の上昇を抑制することによって糖尿病などが予防でき、粉食用途としての美味しさを生かしながら米粉摂食後の血糖値の上昇を抑制することによって糖尿病などが予防できる。また、アミロペクチン短鎖の少ない低食味米を新たな機能性米加工品原料としての用途が開発される。さらに、腸内有用細菌の増殖による整腸作用やコレステロール減少による心臓病予防などの健康増進・疾病予防が期待できる食品が得られる。
技術概要
 
アミロペクチン短鎖のグルコース重合度が6〜12、そのアミロペクチン短鎖の全アミロペクチン鎖に対する割合が5〜20%、レジスタントスターチ含量が5%以上のものである突然変異米を原料とする粒食形態または粉食形態の米加工品で、血糖上昇抑制作用を有する。なお、粒食形態の加工品は米飯、発芽玄米、粥あるいは高圧処理米飯のいずれかであり、粉食形態の加工品はパン、麺あるいは米菓のいずれかである。また、アミロペクチンの短鎖の全アミロペクチン鎖に対する割合が20%以下の突然変異米の精米に10気圧以上300気圧以下の圧力を加えた後、急激に除圧することによって比容積を3〜20ml/gの多孔質構造の膨化米とする米加工品の製造方法であり、さらに、アミロペクチンの短鎖の全アミロペクチン鎖に対する割合が20%以下の突然変異米の精米に、その重量の2倍以上の重量の水を加えて炊飯する粒食形態の米加工品の製造方法である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT