シクロデキストリン二量体、包接錯体及びその製造方法

開放特許情報番号
L2006005601
開放特許情報登録日
2006/9/15
最新更新日
2011/9/22

基本情報

出願番号 特願2004-181125
出願日 2004/6/18
出願人 学校法人同志社
公開番号 特開2006-002077
公開日 2006/1/5
登録番号 特許第4803631号
特許権者 学校法人同志社
発明の名称 人工血液用酸素輸液
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 シクロデキストリン二量体、包接錯体
目的 水中で分子状酸素を可逆的に吸脱着することができるヘムタンパク質モデルの構成材料として利用可能性のある包接錯体及びその製造方法、その包接錯体の構成材料であるシクロデキストリン二量体を提供する。
効果 この包接錯体は、水溶性金属ポルフィリンがシクロデキストリン二量体に包接されているので、生体内よりも広いpH領域で安定して繰り返し分子状酸素を吸脱着することができる。そして、この包接錯体は、シクロデキストリン二量体や水溶性金属ポルフィリンから、この製造方法によって容易に製造することができる。
技術概要
式1で示されるシクロデキストリン二量体である。式中、mは1又は2の何れかの数字を表し、nは1、2又は3の何れかの数字を表す。シクロデキストリン二量体が水溶性金属ポルフィリンを包接してなる包接錯体である。水溶性金属ポルフィリンは、式2又は式3で示される。式中、R↓1及びR↓2は、それぞれカルボキシル基、スルホニル基、水酸基の何れかを表し、MはFe↑2↑+、Mn↑2↑+、Co↑2↑+、Zn↑2↑+の何れかを表す。例えば5,10,15,20−テトラキス(4−スルホナトフェニル)ポルフィリン(II)鉄錯体(FeTPPS)を包含する包接錯体である。なお、この包接錯体は、式1で示されるシクロデキストリン二量体と水溶性金属ポルフィリンとを水で混合することにより製造される。β―シクロデキストリン(β−CD)から式1で示すシクロデキストリン二量体(CD2)を製造し、このCD2とFeTPPSとの包接錯体を製造する合成経路を図1に示す。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人同志社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT