光エネルギー伝導分子ファイバーとその製造方法

開放特許情報番号
L2006005579
開放特許情報登録日
2006/9/8
最新更新日
2015/10/9

基本情報

出願番号 特願2004-366897
出願日 2004/12/17
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2006-171586
公開日 2006/6/29
登録番号 特許第4431686号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 光エネルギー伝導分子ファイバーとその製造方法
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 有機色素分子、自己組織化
目的 これまでの光エネルギー伝導性の分子ファイバーの限界を克服し、100μm以上、さらには200μm以上にわたって無損失で光エネルギーを伝達することのできる新しい光エネルギー伝導性分子ファイバーとその製造方法の提供。
効果 100μm以上、さらには200μm以上にわたって無損失で光エネルギーを伝達することのできる新しい光エネルギー伝導性分子ファイバーとその製造方法を提供することができる。
技術概要
この技術による光エネルギー伝導性の分子ファイバーは、有機色素分子が自己組織化された光エネルギー伝導性の分子ファイバーであって、有機色素分子が3−アルキル−2−〔(3−アルキル−2(3H)−ベンゾチアゾリリデン)−アルキル〕ベンゾチアゾニウム ヨ−ダイドである。ここで、アルキルは、直鎖または分極鎖状のアルキル基を示し、より好ましくは、炭素数1〜6の範囲の低級アルキル基である。また、チアゾリル環は、適宜な置換を有していてもよい。又、本技術の分子ファイバーは、350nm〜460nmの範囲の波長の光の伝播による光エネルギーの損失が100μm以上にわたって実質的にゼロである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT