蛍光材料、その製造方法および発光デバイス

開放特許情報番号
L2006005552
開放特許情報登録日
2006/9/8
最新更新日
2015/10/9

基本情報

出願番号 特願2004-285812
出願日 2004/9/30
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2006-096897
公開日 2006/4/13
登録番号 特許第4635250号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 蛍光材料、その製造方法および発光デバイス
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 デバイス等に有用な蛍光材料に適用する。
目的 無機材料を用いたエネルギー移動型の蛍光材料を提供する。
効果 有機物材料を用いないため、熱的に安定であり、これを利用することにより長寿命のデバイスが可能になる。
技術概要
一対の半導体層110及び希土類イオン層120のそれぞれが互いに隣接するように積層されており、半導体層110は負電荷を有し、また、希土類イオン層120は正電荷を有し、1種類以上の希土類イオンを含有してなり、半導体層110の欠陥準位エネルギーE↓Dと、1種類以上の希土類イオンの励起状態エネルギーE↓R↓eとが、関係E↓D>E↓R↓eを満たす蛍光材料100にする。半導体層110は酸化チタンナノネート、酸化マンガンナノネート、酸化チタン・ニオブナノシート等が用いられ、また、1種類以上の希土類イオンはSm↑3↑+、Eu↑3↑+、Tb↑3↑+等が用いられる。また、希土類イオン層120は、更に、アルカリ金属イオン、水素イオン等を含有するのが好ましい。尚、この蛍光材料は、半導体層を含有する懸濁液を生成する工程、希土類イオンを含有する反応溶液を調製する工程、この懸濁液と反応溶液を混合する工程を経て製造される。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT