緻密な硬質導電性カーボン及びその製造方法

開放特許情報番号
L2006005541
開放特許情報登録日
2006/9/8
最新更新日
2015/10/9

基本情報

出願番号 特願2004-260467
出願日 2004/9/8
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2006-076807
公開日 2006/3/23
登録番号 特許第4756257号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 硬質導電性カーボンとその製造方法。
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 電極材料、摺動部材、研磨剤、基板材料、超伝導体、水素吸蔵材料ととして有用な硬質導電性カーボンに適用する。
目的 特定の構造、組織を有する硬質導電性カーボンを提供する。
効果 単一構造を有し、力学的強度、及び電気伝導性の高い特性を備えた硬質導電性カーボンが可能になる。
技術概要
炭素を主成分とし、ガラス状炭素類似構造による緻密な組織を有し、好ましくは、マイクロビッカース硬度が800Hv以上であり、電気抵抗率が1×10↑3Ωm未満である硬質導電性カーボンにする。この硬質導電性カーボンは、例えば、C60フラーレンウィスカーが溶解しているトルエン溶液とフラーレンの溶解能が小さいイソプロピルアルコールとの液−液界面に形成されて製造されたC60フラーレンウィスカーを炭素源とし、ベルト型高圧合成装置等を用いて、圧力:0.1MPa〜10GPa、温度:800〜1200℃、保持時間:5分〜72時間の条件下で加圧焼結して得られる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT