冷間加工性に優れた高強度鋼線又は棒鋼、高強度成形品並びにそれらの製造方法

開放特許情報番号
L2006005481
開放特許情報登録日
2006/9/8
最新更新日
2015/10/9

基本情報

出願番号 特願2005-114033
出願日 2005/4/11
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2005-320630
公開日 2005/11/17
登録番号 特許第4915763号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 冷間加工性に優れた高強度鋼線又は棒鋼、高強度成形品並びにそれらの製造方法
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 ねじ、ボルト、高強度の機械構造用部品
目的 冷間加工性に優れた高強度鋼線、棒鋼を、鋼中の固溶C量を低減させ、セメンタイトなどの生成を抑制して、球状化焼きなましを行わずに高強度の鋼線、棒鋼を製造する方法を提供する。
効果 長時間加熱の球状化焼なまし処理の施す必要がなくなる。
技術概要
 
金属結晶組織の主相を、セメンタイトフリー、C含有量をAe↓1点のフェライト相の炭素の固溶限以下とさせ、(a)例えば温間加工などで、長手方向に対する垂直断面の平均粒径500nm以下のフェライト組織を有する高強度鋼線、棒鋼を得る。C含有量を0.010質量%以下とし、又Si含量を1.0質量%以下、Mn含量を2.0質量%以下とさせ、Cr、Mo、Cu、Ni、B、Tiなどの含有量を不可避的量以下とさせ、工程aの加工温度を350〜800℃などとするのが好ましい。工程aでは圧延条件パラメータに、Zener−Hollomonパラメータを導入し、Z≧11を満たすように制御するのが好ましく、加工法は温間圧延、温間鍛造のいずれを用いても好ましい。 これを(b)冷間加工して、引張強さを900MPa以上、絞りを70%以上とさせた高強度鋼線、棒鋼を得る。工程bは加工条件を、式:R’=[1−(d↓a/d↓0)↑2]×100、(d↓0は温間加工後の材料の長手方向に垂直な断面での平均結晶粒径、d↓aは目標とする冷間加工後の平均結晶粒径)とするのが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT