炭化ホウ素ナノベルト及びその製造方法

開放特許情報番号
L2006005470
開放特許情報登録日
2006/9/8
最新更新日
2015/10/9

基本情報

出願番号 特願2004-134987
出願日 2004/4/30
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2005-314173
公開日 2005/11/10
登録番号 特許第4590599号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 炭化ホウ素ナノベルト及びその製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 耐磨耗性セラミック、中性子捕獲材
目的 酸化ホウ素粉末の、上方にグラファイトメッシュと窒化ホウ素板を配置し、不活性ガス雰囲気中で加熱して、炭化ホウ素ナノベルトを製造する頬右方を提供する。
効果 熱安定性、高強度、高ヤング率、耐摩耗性に優れた、二次元のナノベルトを得る事が出来る。
技術概要
(A)酸化ホウ素を、例えばグラファイトのるつぼに入れ、その上方に(B)グラファイトメッシュと窒化ホウ素板とを配置し、(C)不活性ガスの雰囲気中で1900℃以上に加熱して、炭化ホウ素ナノベルトを得る。成分Cは窒素ガスで、加熱を縦型高周波誘導加熱炉で0.5〜1.5時間とするのが好ましい。ナノベルトは長さ50〜100μm、幅5〜10μm、厚さ20〜100nmで、ロッド状の結晶の両端の五角形のピラミッド形状の堆積物から成長させるのが好ましい。ロッド状の結晶の側表面はB↓4C菱面体晶の<12−1>方向と見られる軸に平行で、側表面は(012)面であり、この面の結合構造は、<12−1>方向に沿って一次元のB↓1↓2のチェーンであり、<12−1>方向に{1−1−1}面が最も成長を支配してロッド形状は成長する。この{1−1−1}面の連続した側面成長で、二次元のナノベルトとする事が出来る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT