酸窒化物粉末およびその製造方法

開放特許情報番号
L2006005467
開放特許情報登録日
2006/9/8
最新更新日
2015/10/9

基本情報

出願番号 特願2004-129133
出願日 2004/4/26
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2005-306692
公開日 2005/11/4
登録番号 特許第4581120号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 酸窒化物粉末およびその製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 VFD、FED、PDP、CRT、白色LEDなどに好適な蛍光体
目的 CaなどとSi、Al、Oの元素を含む前駆体化合物を、還元窒化雰囲気中で加熱処理をする事により、不純物混入による着色のない微細なαサイアロン粉末を主体とする酸窒化物粉末を得る。
効果 微細、高純度のサイアロン蛍光体を得ることが出来る。
技術概要
(A)元素Mと、(B)Si、Al、Oの元素を含む前駆体化合物を、還元窒化雰囲気中で加熱処理をして、前駆体中の酸素含有量を減少させ、窒素含有量を増加させて、酸窒化物粉末を得る。成分AはLi、Mg、Ca、Sr、Y、La、Ce、Pr、Nd、Sm、Eu、Gd、Tb、Dy、Ho、Er、Tm、Yb、Luなどが好ましい。前駆体化合物は、例えば窒化珪素などのように窒素(N)が含まれ、加熱により二酸化ケイ素、酸窒化ケイ素、窒化ケイ素となる化合物(例えば、SiX)と加熱によりMの酸化物、酸窒化物、窒化物となる化合物(例えば、MX)と加熱により酸化アルミニウム、酸窒化アルミニウム、窒化アルミニウムとなる化合物(例えば、AlX)などで、SiXの平均粒径を2μm以下とし、MX粒子、AlX粒子の平均粒径をSiXのそれより小さくさせて混合物とし、還元窒化雰囲気にアンモニウムガスと炭化水素ガス(例えば、メタン、プロパン)を含有させ、加熱により高純度で着色のない微細なαサイアロン粉末を得るのが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT