インデンテーション圧子

開放特許情報番号
L2006005450
開放特許情報登録日
2006/9/8
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2004-081546
出願日 2004/3/19
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2005-265731
公開日 2005/9/29
登録番号 特許第3851956号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 インデンテーション圧子
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 インデンテーション圧子、ナノインデンテーション試験
目的 ナノインデンテーション試験において圧子の形状を評価する手間を軽減することができ、ナノインデンテーション試験を研究に応用する機会を拡大することのできるインデンテーション圧子の提供。
効果 ナノインデンテーション試験において圧子の形状を評価する手間を軽減することができ、ナノインデンテーション試験を研究に応用する機会を拡大することが可能となる。
技術概要
この技術では、インデンテーション圧子は圧子先端から所定距離を有する特定の位置において圧子先端の距離に対する断面積の2次導関数が定まらない部分あるいは一定でない部分を有するものとする。また、インデンテーション圧子は、圧子側面の特定の位置に凸部を付加した凸部加工型、圧子側面の特定の位置に凹部を形成した凹部加工型、圧子側面の特定の位置に凸部と凹部を形成した凸凹部加工型、圧子側面の傾きが特定の位置で不連続に変化する傾き加工型および圧子側面の特定の位置で階段状を有するステップ加工型のうちのいずれかの形状であるものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT