シート状銀構造物の製造方法

開放特許情報番号
L2006005411
開放特許情報登録日
2006/9/8
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2003-421941
出願日 2003/12/19
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2005-179734
公開日 2005/7/7
登録番号 特許第3840544号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 シート状銀構造物の製造方法
技術分野 無機材料、金属材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、電源装置の電極材料、センサー、ナノメートルサイズのエレクトロニクス分野等で広く利用される。
目的 電解還元により新しいシート状銀構造物を製造する方法の提供。
効果 銀の微細なシート状物が容易に製造可能となり、その工業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
硝酸により、pHを1〜6に調整した0.05〜1モルの硝酸銀水溶液と0.05〜0.5モルのホウ酸水溶液からなる電解質溶液中において、陽極として炭素棒、陰極として銅版を用いて、0.1〜2mA/cm↑2の電流密度で30分〜8時間、電析を行うことにより、シート状銀構造物を製造する。尚、例えば、陽極に炭素棒、陰極に銅円板を用いた定電流電解装置に、硝酸銀(純度99.9%)の0.2モル水溶液とホウ酸(純度99.9%)の0.1モル水溶液を含むように、総量50mlの電解質溶液を作製し、この電解質溶液に0.5モルの硝酸水溶液を加えてpHを3に調節し、0.6mA/cm↑2の電流密度で3時間電析を行い、陰極の銅円板上に銀灰色のシート状生成物が約1g析出した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT